三菱商事、マッキンゼー、ゴールドマンサックスに突破したエントリーシート

三菱商事、マッキンゼー、ゴールドマンサックスに突破したエントリーシート

今回は100%ES突破した内定者のESを見てみたいと思います。先ずはサンプルから見てみましょう。

■100%ES突破したESサンプル

「私の強みは問題解決力だ。ベンチャーでのインターンにて、私はその企業の成長戦略を描き、ドライブした結果、売上を120%上げた経験がある。私は、一つの中核事業に偏っていたインターン先は、既存事業の拡大、そして新規事業の確立という二つの課題を抱えていると分析した。そこで私は既存事業に関しては顧客を増やすために(1)顧客アプローチ数を増やし、(2)転換率を増やす施策を考え、実行した。例えば、同社はウェブ経由での集客に集中していたため、リアルでのイベントを他ベンチャーと共同で実施し、顧客接触数・転換率を上げた。又、ブランディングが曖昧であったため、顧客セグメントを明確化した上で、ウェブサイトの再構築から、メッセージの押し出し方を変えた。新規事業に関しては既存事業を横展開することを検討し、実際に関西にて市場の分析を行い、3カ月かけて部下を率いて事業を無事立ち上げた(夜行バスに50回乗った)。以上、私は企業の問題を自ら考え、分析し、周りを巻き込みドライブしていく「問題解決力」が強みである」

これは難関企業(三菱商事、Goldman Sachs、McKinseyクラス)に内定していった受講生のエントリーシートを混ぜ合わせたものですが、就活フォーラム内定スクールの受講生で総合商社、戦略コンサル、投資銀行IBDに内定して行く学生さんはこれに近いレベルでのエントリーシートを書き上げています。

もちろん全てがこのレベルというわけはなく、そもそもIvy Leagueやトップ・ティアの大学(トップ15)を出ていれば内定率はグっと上がりますし、ビジネス経験がなくても問題ありません。

また、受講生の中では、自己PRのエピソードが弱いため、就活フォーラム内定スクールの「Development」プログラムを中心に受講し、インターンシップや大学内で取り組むべき課題・目標を設定し、見事成長と共にアピーリングなエピソードを作り内定していっています。


■ES内定率を上げる4つのポイント

重要な要素としては、少なくとも以下の4点を意識しましょう。

1. 差別化されている

面接官から「またこれか」と思われないようにしましょう。避けるべきは、勉強、英語の二つ。これはできて当たり前。それ以外で何を頑張ってきたのか。そこを語りましょう。

もし、勉強と英語の二つしか頑張ってこなかった、というのであれば、いかに効率的に学習したのか、もしくは圧倒的な量をこなしてきたのかという観点で、できるだけ具体的に書きアピールしましょう。

2. 卓越した結果

周りにできないことだからこそ、キラリと光ります。結果を残せなかった場合は、いかに努力したのかに焦点を当ててみましょう。

3. 結論⇒根拠⇒結論と言う形で文章が「構造」になっている

思いつきでだらだら同じことを書かない、構造をしっかり意識して書いているか。コツはbullet pointを使い、「結論」part、「根拠(エピソード)」partという形で先ずは構造を整えてから書き始めることです。

4. 「軸」や「想い」の一言が書かれている

「私は~をしたかったため」といった、自分の根幹となる価値観や哲学を少し触れると、その人の人間性が伝わり、好感度が上がります。

尚、若干被りますが、こちらの記事もご参考にしてみてください「三菱商事、マッキンゼー、ゴールドマンサックスに内定するエントリーシートの特徴」

■結局は準備次第

もし時間があるのであれば、自分を追い込んで本気で何かに打ち込むことをオススメします。もちろんそのためには、ボストンキャリアフォーラムのかなり前から意識して動かねばいけません。

「結局、アピールするネタがない・・」という状態になってしまうと、周りに埋もれてしまうため、キラリと光ることができなくなってしまいます。数としては恐らくボスキャリ就活生全体の80%ほどがこの症状に陥ってしまっており、残りの20%がバンバン内定を取っている、というのが実態かもしれませんが、その20%になることができれば、ボストンキャリアフォーラムは楽しくて仕方ない!就活になると、断言できます。

ボストンキャリアフォーラム内定率を高める上では、「内定するためにいかにして自分を伸ばすべきか?」「就活前に、学生時代に必ずやっておくべきこととは?」をご参照ください。

 


Career Forum

Comments are closed.