キャリアフォーラムと日本での就活 決定的な違いとは? Part1

キャリアフォーラムと日本での就活 決定的な違いとは? Part1

—————————就活フォーラム内定スクール内定実績————————————
三菱商事、三井物産、住友商事、博報堂、モルガン・スタン レー IBD、モルガン・スタンレー(インターン)、ゴールドマンサックスIBD、CITI銀行IBD、野村証券(グローバルマーケッツ)、ユニリーバ(幹部候 補)、McKinsey, Bain & Company、Deloitte、Accenture (Strategy), Accenture (IT), IBM, IBCS, E&Y, NRI, 三菱UFJ信託銀行、信金中央金庫、日本銀行、商工中金、大阪ガス、リクルートホールディングス、ファースト・リテーリング、アステラス製薬、 サイバーエージェント、DeNA、インテリジェンス、楽天、SONY、マイナビ、光通信、タタ・コンサル、ワークスアプリケーションズ、ISID、コー チ・エイ、ビジネスコンサルタント、Solize、オリエンタルモーター、その他多数

【就活フォーラム内定スクール詳細】※毎年、夏までには席が埋まります※
プログラム内容
————————————————————————————————————————

「キャリアフォーラムで内定が出なかったから、日本で就活をするしかない・・・」

ボストンキャリアフォーラムの内定率はこう考えている学生さんはもしかしたら少なくないかもしれません。

ボストンキャリアフォーラムの内定率は20%以下(「ボストンキャリアフォーラムの内定率は16%?」)と推定されますが、最終面接までは行けたけれども、惜しくも内定が出なかった。そもそも1次や2次面接すら通らなかったという学生さんが大半だと思われます。

今回は、キャリアフォーラムでの就活がダメだった場合の就活について整理してみたいと思います。

■最も多いパターン―ボスキャリ、ウィンター、マイナビ惨敗
ボスキャリで駄目だったら、東京ウィンターキャリアフォーラムか、マイナビウィンターに参加。それでも駄目だったら、夏の東京サマーキャリアフォーラム一本に賭けるか、休学すら検討して日本での就活を並行してやる。毎年、このパターンが多いようです。

もし、日本での就職活動を検討される場合は、キャリアフォーラムの就活と全くの別物だということを認識しておいてください

■ボスキャリは比較的「楽」?
ボストンキャリアフォーラムでの就職活動ももちろん採用枠が限られており倍率は高いのですが、求められる企業研究求のレベルや(企業によっては当日や前日に会社説明会のセミナーを実施しますよね?)、グループ・ディスカッションがなかったり、筆記試験がなかったりと、日本の選考と比べて採用プロセスが少ないです。

因みにそこに目をつけた日本の大学に通う帰国子女就活生がボスキャリに参加する傾向がこの数年間増えています。「3日間+日本で最終面接で終わるなら、これほど効率的なことはない」ということですね。ただ、某外資系投資銀行で面接官をしていたある知人は、「そういう学生は落とす。日本で就活しろと」と言っていましたが、必ずしも上手く行くとは限らず、逆にボスキャリで落ちたら日本の選考が受けられない会社もありますので、注意が必要です。

■日本の就活は試験、グループディスカッション、企業説明会、インターン、と選考プロセスがボスキャリの数倍
さて、キャリアフォーラムと日本の就活との違いですが、日本での採用の場合はそもそも応募する就活生の母数が何倍と大きいため、人事としてはそれだけ機械的にスクリーニングを しないといけません。そのため、筆記試験やGDなどを通して、効率的に人材をふるいにかけて いきます。人数が限られた人事からすると、これは当たり前だと思ってください。

SPIやら玉手箱やら、日本語能力を試す試験などで、会社によっては80点-100点近くを取らなければいけなくなるため、日本語力に恐ろしく自信がない・・・、という就活生は通常よりも数倍の準備期間を見込まねばいけません

■日本の就活では、「グローバル人材/帰国子女」プレミアムが消える?
日本で就活をする場合、「グローバル人材/帰国子女採用」ではなく、「日本採用」として見られる可能性が高いです。特にボスキャリなどに参加している企業の場合は、帰国子女はボスキャリで取る方針のため、この傾向が強いでしょう。

そのため、TOEIC(因みに著者はじ意味のないテストだと思っていますが・・)がどれだけ高くとも、大学入試もある帰国子女枠に入ることが難しくなります。

とはいえ、日本での採用でないと受けられないのであれば、他に選択肢がないのも事実です。気をつけて頂きたいのは、キャリアフォーラムで内定を取っている、 面接をいくつか突破しているという経験から、日本での就活でも簡単に内定が出るのでは?と思い込んでしまうことです。

似て非なるもの、という見方をし、キャリアフォーラムでした準備の数倍は時間と 工夫をしなければいけません。そういう認識で、頑張ってほしいと思います。

【就活フォーラム内定スクール】
内定率91%の内定塾の詳細はこちらです「Program」

【関連記事】
ボストンキャリアフォーラムで 第一志望に落ちた場合の戦略・考え方

サンフランシスコ・キャリアフォーラムには参加するべきか?投資のプロが考えてみた


Career Forum

Comments are closed.