女性のキャリアについて

女性のキャリアについて

女性のキャリアって難しい。

 

女性としての幸せとガツガツ働く仕事って両立できるのだろうか?という疑問。

 

就職活動をしていた新卒の時、思っていました。ボストンキャリアフォーラムに

参加される予定の皆さんも、もしかしたら同じことを考えているかもしれません。

 

現時点の結論としては、女性は早めにチャレンジすべきだと思っています。

(男性ももちろんそうですが、女性は特に)

 

結婚、育児、などを理由にあきらめるのではなく、アクセルを踏まないほうが良いの

ではないかと悩むのではなく、やりたいと思ったことに対しては、諦めずにつかみ

取りに行くべき。「いつか」じゃなくて「最短で」できれば「今すぐに」。

 

女性の「いつか」は不確かなことが多すぎる。

 

一般的、結婚のタイミングはとくに制限はありませんが、子供を産むタイミングは早いほうが

良いと言われています。

 

私が大好きな「世界級ライフスタイルの作り方」というブログでも紹介がある通り、

ファクトとして妊娠率は年齢が上がるほど下がっていきます。

 

どれだけ緻密に計画を立てても、結婚をしたいと思える人がいつあらわれるか、そして彼が

同じ国で働き続けるかもわかりませんし、子供ができるタイミングもわかりません。

 

そしてキャリアでいつ、どのようなチャンスが与えられるかもわかりません。

だからこそ、特に女性はチャレンジをするなら早い身軽なタイミングですることをお勧めします。

 

私は新卒の時、<日本企業のグローバル化の支援>がしたいと語っていました。

そして<海外で自由に働ける人材になりたい>と思っていました。

 

もちろん、素敵な家庭も持ちたい。欲張りなのかもしれないけど、全部実現させたいと。

 

そのためにまずは、外資系に入って何年マーケティングをして、

そのあとに・・・・

そしてここで結婚をするから、仕事は少し楽なものに切り替えて、、、

という自分なりの計画を立て、、、

 

結婚相手も決まっていなかったのに。

 

長期的にキャリアを積むには計画が重要だといろんな自己啓発本にも書いていましたし、

それが正しいと思っていました。

 

だけど、目の前にやりたいことがあるとき「いつか」といっていてはいつまでもできません。

 

結婚や子供は相手ありきのことなので今すぐには無理かもしれませんが、キャリアにおいては

自分の努力次第。これは日本で就活をされている方、キャリアフォーラムに参加を考えている

方の誰にでも当てはまるかもしれません。

 

そう思って2年という短い期間で新卒の会社を辞め、今の会社に転職し、新卒の時に

思い描いていたように<海外(シンガポール)で日本企業のグローバル化の支援>の仕事をしています。

 

未だ<海外どこでも働ける人材>にはなれていませんし、キャリアとしても半人前。

 

プライベートの方向もまだ決まっているわけではない道半ばな状態ですが、自分がも

ともと<やりたい>と思っていたことを早く実現したことによって、次にやりたいことがみえてきます。

 

私の大好きなシェリル・サンドバーグがTEDでスピーチをしていた通り、「Don’t leave before you leave」

先のことを考えて今から準備をしてしてアクセルを踏まないのはもったいない。

 

アクセルを踏み続けて、仕事を楽しみ切って、しっかりと実績を残す。

 

 

キャリアを歩める最高の20代前半を猪突猛進に楽しんでいる途中で

人生設計をし始めても実は遅くないのかもしれません。

 

Hitomi

 

ご相談等あればContactページより件名:「Hitomi Coach:ご相談」でメールください!


Career Forum

Comments are closed.