戦略コンサル ケース面接の内容・進め方 ボストンキャリアフォーラム内定対策

—————————————————-就活コーチング講座内定実績——————- ————————————————

三菱商事、三井物産、住友商事、博報堂、モルガン・スタンレーIBD、モルガン・スタンレー(インターン)、ゴールドマンサックスIBD、CITI銀行IBD、ユニリーバ(幹部候補)、Bain & Company、Deloitte、Accenture (Strategy), Accenture (IT), IBM, IBCS, E&Y, NRI, 三菱UFJ信託銀行、信金中央金庫、日本銀行、商工中金、大阪ガス、リクルートホールディングス、野村証券(グローバル・マーケッツ)、ファースト・リテーリング、アステラス製薬、サイバーエージェント、DeNA、インテリジェンス、楽天、SONY、マイナビ、光通信、タタ・コンサル、ワークスアプリケーションズ、ISID、コーチ・エイ、ビジネスコンサルタント、Solize、オリエンタルモーター、その他多数

 ————————————————————————————————–——————————————————————

実際に学生がコンサルタントになり面接官がクライアントになり、与えられた資料(1ページ程度)に記載された情報を参考に課題を見つけ出し(もしくは面接官がクライアントになり課題を与えられる)、それを解決する方法を考えていく内容が多いです。 例えば、ボストンキャリアフォーラムのデロイトコンサルティングでは、400文字程の背景・前提と質問がセットで渡されます。市場規模・シェアなどのクライアント企業の簡単なメモ書きが英語で渡され、後は全て英語でケース面接を行いますが、米国版では「Case in Point」のビジネスケース型ケース面接とほぼ同じ類型です。尚、読んで考える時間も与えられます(大体3-5分程度)。


Career Forum

Comments are closed.