ボストンキャリアフォーラム 投資銀行、戦略コンサル、総合商社 学歴足切りラインはランキング何位までか?

—————————就活フォーラム内定スクール内定実績————————————
三菱商事、三井物産、住友商事、博報堂、モルガン・スタンレー IBD、モルガン・スタンレー(インターン)、ゴールドマンサックスIBD、CITI銀行IBD、野村証券(グローバルマーケッツ)、ユニリーバ(幹部候 補)、Bain & Company、Deloitte、Accenture (Strategy), Accenture (IT), IBM, IBCS, E&Y, NRI, 三菱UFJ信託銀行、信金中央金庫、日本銀行、商工中金、大阪ガス、リクルートホールディングス、ファースト・リテーリング、アステラス製薬、 サイバーエージェント、DeNA、インテリジェンス、楽天、SONY、マイナビ、光通信、タタ・コンサル、ワークスアプリケーションズ、ISID、コー チ・エイ、ビジネスコンサルタント、Solize、オリエンタルモーター、その他多数

【就活フォーラム内定スクール詳細】

プログラム内容
————————————————————————————————————————

■学歴の足切りラインは大学ランキング何位までか?

完璧にエントリーシートを書いたものの、返信が来ないか、お祈りメールが来た場合、その原因として最も可能性として高いのは【学歴】だと言えます。

日本の選考でも同じですが、ボスキャリでも特に戦略コンサルと投資銀行(後は三菱UFJ銀行などの大手銀行)は学歴で人を切ります。

日本であれば、東大、京大、一橋、慶応でないとマッキンゼーやボスコンは厳しいと思います。稀に東工大からマッキンゼーに行くケースもあるようですが、知り合いでマッキンゼーに行った東工大出身者は良く社内で「何で東工大?珍しいね」と良く言われていたようです。

投資銀行の場合、立命館の学生でかなり優秀な受講生がいましたが、やはりGoldman Sachs、Morgan Stanley、JP Morgan、BarklaysのIBD部門はエントリーシート時点で落とされてしまっていました。結局は野村のグローバル・マーケッツに無事内定していきましたが、学歴がネックになり得るのは仕方がないことかもしれません。

ボスキャリの場合は欧米大学ランキングでトップ20~30位が大体の足きりラインだと思います。

 

■マッキンゼーや、ゴールドマンサックス、三菱商事に内定している大学レベル
さすがにボスキャリではリベラルアーツ系の大学も人事は確認していますので、トップ30に入っていれば三菱商事や、もうボスキャリに参加していませんが、伊藤忠商事、三井物産、住友商事、丸紅にも内定可能です。例えばマカレスター大学から三菱商事に受かった人、UC系(ランク20~30位)から住友商事に受かっています。

戦略コンサルでは、例えば自分の知り合いではマカレスター大学からマッキンゼーに行った人がいますが(その後ハーバードMBA→今はNYの某有名ファンド)、それ以外にもトップ20の大学からBooz戦略コンサルに行っています。

後はIvy Leagueがやはり多いですね。Dartmouth, Brownからマッキンゼーに行っている人が数名いますし、Bain&CompanyやBoston Consulting GroupではPrinceton, U-Pennなど。イギリスの大学の場合はCambridge、Oxford、Imperial College of Londonなどでしょう。

因みにStanfordを出ていても、日本語力・日本文化力が弱すぎる場合、エントリーシートは通っても面接で落とされるケースもあります(当時一緒に就活をしていたある友人は全ての面接に落ちていました)。尚、これは特に三菱商事などの総合商社に言えることですが、詳しくはこちらの記事をご覧ください「ボスキャリ 三菱商事・Goldman Sachs・マッキンゼーに内定する学生の特徴」

一方で、ボスコンの場合は漢字が書けなくても受かっている人もいるので(但しバックグラウンドはIvy League、三カ国語、エンジニア専攻)、ファームによっても特徴があるかもしれません。

投資銀行で言うと、例えばUniversity of Maryland、Carleton College、カナダのUBC、Vanderbilt大学からGoldman Sachs(ミドルオフィス)、メリルリンチ(ミドルオフィス)、ドイツ銀行IBDに内定していますが、さすがにIBDとなると、クライアントが日本人になるため、日本語力・日本文化力がない限り難しいかもしれません。

さて、何故学歴が影響するのかというと、企業側からするとクライアントに対するブランディング・信用力に関わってくるからです。

マッキンゼーやボスコンの戦略コンサルや、ゴールドマンやモルスタの様な投資銀行IBD部門となると、クライアントはマネジメントレベルになり、その人たちはかなりの確率で高学歴です(東大、京大、一橋、慶応、早稲田)。

その人たちにアドバイスをする人たちが、少なくとも同等レベルの大学を出ていないと、話にならない。そういう論理と、学齢と地頭は相関するはずだ、という考えがあるようです。

また、戦略コンサルの場合は高校の学歴と地頭力が相関していると見られることが多いため、高校の学歴も重要視します。この考え方はマッキンゼーを日本に根付かせた大前さんが広めたようですが、日本の大学は留年して受験できるというのが一つの理由かもしれません。

尚、リベラルアーツ系の大学は日本では無名のため(最近リベラルアーツ教育を絶賛し始めましたがそれでも未だ無名)、ウィリアムズ大学、スワースモアやアムハーズトを出ていても内定後は自らアピールしないと、「どこそれ?」と馬鹿にされますので、上手くアピールする方法を学習する必要があります(笑)。

話が逸れますが、日本で最もOver-valuedで出ていれば得をする大学はUCLA, UC Berkeleyかもしれません。日本は国立(東大・京大)=No.1なので、アメリカの国立No.1は凄い!という、凄まじい勘違いがあるからです。現にIvy Leagueの例えばPrincetonを出ていても、「どこそれ?」と聞かれることも多いようです。


Career Forum

Comments are closed.